山城踏査日記Ⅳ

中世、近世を問わず全国のお城を訪ねています。神社仏閣、鉄道も好きです。

知立城@愛知県知立市

知立城は愛知県知立市にあった中世城館です。

 

f:id:nejimakidori21:20210622211423j:plain

知立城は知立神社の神官である永見氏の居城でした。

今は公園となり、大きな石碑が残ります。

f:id:nejimakidori21:20210622212410j:plain

知立城は江戸時代には知立御殿となりました。

将軍が上洛の際に泊まる宿舎です。

f:id:nejimakidori21:20210622212534j:plain

説明です。

東海道知立宿のなかにあります。

f:id:nejimakidori21:20210622212622j:plain

屏風に描かれた知立御殿です。

 

福谷城@愛知県みよし市

福谷城は愛知県みよし市福谷にあった中世城館です。

f:id:nejimakidori21:20210617204834j:plain

城跡は小高い丘にあります。

城跡は小公園になっています。

f:id:nejimakidori21:20210617205055j:plain

城跡の近くにある保育園、その名も城山保育園。

f:id:nejimakidori21:20210617205157j:plain

城跡の測量図です。

発掘調査で建物などが見つかっています。

f:id:nejimakidori21:20210617205310j:plain

みよし市歴史民俗資料館にある福谷城の模型です。

刈谷城 その2

刈谷城の続きです。

f:id:nejimakidori21:20210521021523j:plain

刈谷城の石碑です。

本丸ではなく、その下段の二の丸にあります。

大正年間に建てられました。

f:id:nejimakidori21:20210521021626j:plain


同じく二の丸の石碑。

こちらは小さい。

f:id:nejimakidori21:20210521021750j:plain

亀城公園の図です。

早く城跡の整備を進めてほしいですね。

 

刈谷城@愛知県刈谷市

刈谷城は愛知県刈谷市にあった近世城郭です。

f:id:nejimakidori21:20210520214607j:plain

今は本丸が亀城公園になっています。

亀城は刈谷城の別名です。

愛知県では西尾城り別名が鶴城で刈谷城の亀城とふたつで縁起のいい別名です。

本丸の広い堀が残ります。

f:id:nejimakidori21:20210520214804j:plain

本丸の腰曲輪です。

刈谷城は復元計画があります。

f:id:nejimakidori21:20210520214853j:plain

10年近く前から計画があり、発掘調査を進めていました。

説明看板です。

f:id:nejimakidori21:20210520214949j:plain

二重櫓と多聞櫓、門を復元する予定でした。

イメージ図です。

しかし、地元ではあまり盛り上がらず、反対派もいてなかなか進んでいません。

熊本城の地震被害により石垣の強度も見直されるようです。

今はとりあえず、多聞櫓は先送りして二重櫓のみを復元する計画のようです。

(続く)

竜泉寺

名古屋市守山区にある竜泉寺です。

f:id:nejimakidori21:20210510205026j:plain

山門です。

立派な楼門です。

f:id:nejimakidori21:20210510205058j:plain

中には仁王様が鎮座します。

重要文化財です。

f:id:nejimakidori21:20210510205204j:plain

竜泉寺は尾張四観音のひとつです。

あとの三つはどこでしょう?

f:id:nejimakidori21:20210510205355j:plain

多宝塔です。

朱色が鮮やかです。

f:id:nejimakidori21:20210510205438j:plain

本堂です。

唐破風の入り口が美しい。