山城踏査日記Ⅳ

中世、近世を問わず全国のお城を訪ねています。神社仏閣、鉄道も好きです。

岐阜城 その4

岐阜城の続きです。

f:id:nejimakidori21:20200126112242j:plain

岐阜城店主台の石垣。

いままであまり注意深く見てなかったけど、よく見ると積み直しが激しい。

ほとんど明治か昭和の時の石垣のようです。

セメントで固めてある。

天守の耐用年数がきたら一度天守を解体して、石垣も解体してみると信長時代の天守の形がわかるかもしれない。

f:id:nejimakidori21:20200126112552j:plain

岐阜城の隅櫓を模した資料館。

岐阜城は観光地なのでかつてはいろいろな模擬建物が作られた。

これもその一つ。

石垣は完全も新規。

f:id:nejimakidori21:20200126112726j:plain

中はパネル展示がメイン。

歴代の大河ドラマの信長が集合。

f:id:nejimakidori21:20200126113033j:plain

 

織田信長の蝋人形。

モデルは国盗り物語高橋英樹か?

f:id:nejimakidori21:20200126113127j:plain

堀切です。

赤い橋は似合わない。

f:id:nejimakidori21:20200126113220j:plain

模擬復元され土塀。

細尾根に土塀があったのかな。

f:id:nejimakidori21:20200126113417j:plain

明智光秀一色です。

水色桔梗の旗に占拠されました。

f:id:nejimakidori21:20200126121959j:plain

山麓岐阜市歴史博物館は大河ドラマ麒麟がくるにリニューアル。

賑わっています。

岐阜県には3つのドラマ館があります。

岐阜県の力の入れようがわかります。

f:id:nejimakidori21:20200126122223j:plain

ドラマ館の岐阜城大広間のセット。

斎藤道三と記念撮影できます。

(終わり)

 

 

 

 

 

 

岐阜城 その3

岐阜城の続きです。

f:id:nejimakidori21:20200125203530j:plain

天守です。

模擬復元されたものです。

f:id:nejimakidori21:20200125203623j:plain

天守手前の石垣。

もともとは谷地形だったのを石垣で補強して埋めました。

f:id:nejimakidori21:20200125203828j:plain

天守に入ります。

いよいよです。

f:id:nejimakidori21:20200125204111j:plain

 入り口には織田信長の家紋の暖簾。

木瓜です。

f:id:nejimakidori21:20200125204233j:plain

天守内部はリニューアルされました。

岐阜の説明です。

f:id:nejimakidori21:20200125204355j:plain

総見院織田信長像のレプリカです。

よくできています。

f:id:nejimakidori21:20200125204526j:plain

金華山上の岐阜城想像図。

山頂は狭いため清水寺のように懸け造りになっていた可能性があります。

天守金閣寺風です。

f:id:nejimakidori21:20200125204742j:plain

信長の肖像画と南蛮甲冑です。

マントがかっこいいです。

f:id:nejimakidori21:20200125204927j:plain

天守から眺めた上台所。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜城 その2

岐阜城の続きです。

f:id:nejimakidori21:20200124234934j:plain

ロープウェイを降りて天守を目指します。

すぐにこの冠木門が出迎え。

天下第一の門です。

本当にここにあったのかは疑問。

f:id:nejimakidori21:20200124235104j:plain

次は一の門。

上格子門とも呼ばれていました。

巨岩に挟まれています。

石は石垣の名残でしょう。

f:id:nejimakidori21:20200124235238j:plain

説明です。

巨石を使ったのは信長の特徴でしょうか。

f:id:nejimakidori21:20200124235951j:plain

二の門です。

内部は台所です。

f:id:nejimakidori21:20200125000129j:plain

内側からの図。

門と土塀は模擬復元です。

f:id:nejimakidori21:20200125000255j:plain

下台所は山上にしては広いです。

フロイスによれば2、3の座敷があり、100名ほどの若い貴人がいたとのこと。

広いと言っても100人が暮らすには狭いかな。

f:id:nejimakidori21:20200125000528j:plain

ここから天守が正面に見えます。

f:id:nejimakidori21:20200125000622j:plain

台所から見た天守

天守まであと少しです。

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜城@岐阜県岐阜市

岐阜城岐阜県岐阜市金華山にあった山城です。

f:id:nejimakidori21:20200123213855j:plain

金華山です。

標高約330m。

濃尾平野に起立します。

この山上に岐阜城はあります。

古くは稲葉山城

織田信長岐阜城命名しました。

f:id:nejimakidori21:20200123214112j:plain

山麓には織田信長の居館がありました。

入り口の冠木門。

これは模擬門。

f:id:nejimakidori21:20200123214249j:plain

居館の入り口。

巨石を用いた桝形虎口です。

 

f:id:nejimakidori21:20200123214607j:plain

 山麓の居館の想像図。

発掘調査やフロイスの書簡などから想定しました。

 

f:id:nejimakidori21:20200123214715j:plain

岐阜城の想像絵図です。

わかりやすいです。

f:id:nejimakidori21:20200123214835j:plain

麒麟がくる齋藤道三

ロープウェイ駅にあります。

f:id:nejimakidori21:20200123214948j:plain

蝋人形ですが、よくできています。

本物そっくりです。

記念撮影できます。

f:id:nejimakidori21:20200123215224j:plain

山上の岐阜城にはロープウェイで。

ロープウェイから見た信長居館。

今も発掘調査しています。

千畳敷と呼ばれていました。

(続く)

 

 

 

 

 

岐阜城発掘調査現地説明会

岐阜城の発掘調査現地説明会に行きました。

f:id:nejimakidori21:20200118221436j:plain

二の丸門前の発掘です。

今回は2ケ所で発掘調査が行われました。

ここは二の丸門の前の斜面を掘っています。

少しわかりにくいですが、石垣の裏込め石が見つかり、現在よりも石垣が前に築かれていたことがわかりました。

f:id:nejimakidori21:20200118221539j:plain

岐阜城の古絵図の発掘ヶ所です。

二の門の前の部分です。

絵図では石垣の高さ1丈(3m)とあります。

f:id:nejimakidori21:20200122235524j:plain

もう一か所は天守台です。

現在の天守は昭和40年に建てられましたが、それ以前に明治に一度建てられています。

その折に天守台の石垣をかなり積み直していました。

f:id:nejimakidori21:20200122235729j:plain

発掘調査の結果石垣の下から古い石垣が見つかりました。

石も大きめで、織田信長の頃に築かれたものとのことでした。

f:id:nejimakidori21:20200122235954j:plain

発掘範囲が狭いために天守台の大きさなどは不明でした。

 

 

 

名古屋城@愛知県名古屋市

名古屋城は愛知県名古屋市中区にある近世城郭です。

f:id:nejimakidori21:20200121204706j:plain

本丸御殿です。

御殿は昭和20年の空襲で焼失しましたが、史料に基づいて復元されました。

f:id:nejimakidori21:20200121204949j:plain

天守です。

耐震に問題があるために現在は中には入れません。

f:id:nejimakidori21:20200121205134j:plain

本丸の西南隅櫓です。

現存櫓です。

f:id:nejimakidori21:20200121205234j:plain

南から見た西南隅櫓です。

窓が開いているのは内部を特別公開しているためです。

f:id:nejimakidori21:20200121205352j:plain

西南隅櫓と東南隅櫓です。

共に現存櫓です。